このページでは団員の音楽体験や音楽への思いを徒然なるままにお伝えします。
不定期のアップロードをお楽しみに!

私が初めて出会った楽器は、ピアノでした。練習嫌いで毎週のレッスンも大嫌いな不真面目生徒でした。そんなとき母がたまたま習い始めたバイオリンに出会いました。小学2年生の頃でした。ピアノは嫌だったくせにバイオリンに興味を持った私は母と一緒にレッスンに通い、これはちょうどいいと思いバイオリンを続けるのと交換条件でピアノをやめてしまいました。今弾けるのは「ねこふんじゃった」ぐらい。ちょっと後悔しています。

やりたいといって始めたはずなのに、やっぱり練習嫌いな私はあんまり練習もせずレッスンへ行くだけ、引越しを機にとうとうやめてしまいました。でも、バイオリンが大好きな母はあきらめませんでした。この曲が弾けるようになったら漫画を一冊ずつあげるとおだて、しかもそれが長編のガラスの仮面だったため、私は続きが読みたいがためにしぶしぶ練習をしていたのでした。それと同時に、「大学生になったら学生オケに入るといいよ?」と母はたまにつぶやいて私をこっそり誘導にかかります。「そうだね?」なんて聞き流していましたが。

ところがそんな私も高校生になると何となくまたバイオリンが好きになり、それを見て喜んだ母はすぐにまたレッスンに連れて行ってくれました。大学に入ると母のお告げ(?)に従って何の迷いもなくオーケストラに入団しました。それまでとは打って変わって、毎日何時間も練習をしてたくさんの本番を経験した、バイオリン漬けの大学生活でした。

ガラスの仮面につられ、母のつぶやきに見事のせられた私は、社会人になった今フィルハーモニア福岡という居場所を見つけ、楽しくバイオリンを弾いています。何も約束してなくても毎週会える人たちがいて、一緒に楽器を弾いてたまには飲みに行ったり遊びに行ったり。

まじめに練習していなかった過去の自分には今でも後悔しますが、粘り強く続けさせてくれた母のおかげで素敵なオーケストラと出会うことができました。母に心から感謝をして、これからもここで音楽を作っていきたいと思います。

(2012.9.20 Vn. K)

それは9年ほど前、大学4年になったばかり春のできごとだった。
大学の掲示板を見ていたところ、2学年上の尊敬するバイオリンの先輩から電話がかかって来たのである。
なんだろう?と思いながら電話に出ると、
「○○ちゃん、久しぶり〜!あのさぁ、突然だけどイタリア一緒に弾かない?すっごくいいオケでね、勉強にもなるよ〜!」
と、そんな感じのお誘いの電話だった。
イタリア弾いてみたいなあ、という気持ちと、大学オケ以外のオケに興味があったのと・・・先輩の押しの強さで、フィルハーモニア福岡に足を運ぶこととなった。 当時、私が所属していた大学オケは、その先輩の人柄そのもののような楽天的な雰囲気のオーケストラだった。
初めてフィルハーモニア福岡の練習に行ったとき・・・明らかに自分のオーケストラとは違う雰囲気で、一気に不安になった。

みんな黙々と練習し、挨拶をしても目で返ってくるような感じ・・・
第一印象、「こわい・・・」
練習内容もとてもシビア。
休憩時間に練習したくても怖くて音を出せない、そんな感じだった。

・・・と言うと、とても居心地の悪いオケのようですが、実際はそんなことありませんでした!!
怖い、居心地の悪いオケだったら9年もいませんから・・。
みんな音楽を追求する熱いハートの持ち主なだけでした。
実際は、大学から楽器を始めた私のことも、あたたかく仲間として迎えてくれました。

音楽に対して熱い想いを持った人の集まりなので、練習は厳しい時もありますが、練習外では気さくで楽しい人たちばかりです。
私が身をもって体験しているので、保証します!!
研究熱心で豊かな感性を持った人たちに囲まれて演奏できるというのは、本当に素晴らしいことです。
練習以外にも、遠足に行ったり美術鑑賞をしたり・・・ひとりで入団しても寂しい思いをすることはありません。

いつでも明るくお迎えします。
私たちと一緒に、音楽作りをしませんか?

(2011.1.10 Vn. Y)

チェロを始めて10年以上過ぎていた5年前の秋、・・・書道を始めた。
字が上手くなったらいいかも、というありきたりな動機だけだったように思う。
筆をにぎるのは中学校の授業以来。なんとも頼りない顔をした字がこの世に現れた。右腕は緊張で固まり、白い紙の上には黒い墨が容赦なく跡を残す。

その後いつの頃からか、チェロを弾く時、筆を動かしている時の感覚が混ざってきた。ppの時は筆の先ですーっと書くように、音を切るときは筆を紙から離すときのように。書道と音楽はつながっている?!
書道の先生は「リズミカルに。弓を動かす時のように・・・」と、筆をにぎって悪戦苦闘中の私に声をかけてくださる。先生が書く様子を見ると、筆は滑らかにまたは力強く紙の上を走り、筆先の動きも踊っているよう。筆が紙から離れる時はdiminuendoのように毛先一本になるまで残したり、華麗なジャンプをしたり。筆から音が鳴っているように感じる。
書の作品は無音の世界だけど、奥から音楽が聴こえてくる時がある。

一方、演奏する時に眺める楽譜には、音符たちが縦横に仕切られた線の中に所狭しと並んでいる。大きさも揃って綺麗に印刷されている彼らの正体が、実はもし、書の字のように太く濃い音符だったり繊細で淡い音符だったり、はたまた楽しそうに踊っている音符だとしたら・・・?
音を出している時、音程やリズムで懸命になっているけれど、目の前の譜面台に置かれている白黒の平面な世界から抜け出して、光や陰、丸や四角の立体・ザラザラやすべすべな手触り、色や風景など想像しながらもっと表現できるといいなぁ、・・・もっと表現したい!と思う。楽譜からいろいろな想像力を働かせて音を創り出していくのが演奏の楽しみでもあるので!

毛を動かした瞬間に、紙の上に永久に残るものが出来上がる書。そして、毛を動かした瞬間に、空中に飛んでいき消え去っていく音。墨で黒くなった6cmの毛と、松脂で白くなった60cmの毛。対照的で、遠いような、近いような関係の二つの毛。二つの偶然の出会いを起爆剤に、今後もたくさんの表情をしたものたちを生み出していこう、と思う。

(2010.6.17 Vc. C)

「オーケストラやってるんだって? 何の楽器? 」と尋ねられ,「弦楽器の一番大きいのでね…」と答えると「あぁ,チェロだっけ? 」とよく言われます.惜しいなぁ,もっともっと大きい!!

通常オーケストラで使う弦楽器には弦が4本張られています.コントラバスの場合は高い方からG(ソ)D(レ)A(ラ)E(ミ)の4本ですが,5弦のコントラバスではさらに低いH(シまたはCド)が加わり,オーケストラで一番低い音域を支えることになります.その5弦のコントラバスを私は数年前から担当しています.5弦のコントラバスは決して目立ち過ぎてはいけない,だけどその存在によってオーケストラの表現に広がりや厚みが生まれます.私とコントラバスの出会いはかれこれ20年前のことになりますが(ズバリ一目惚れでした),初めてオーケストラの中でコントラバスを弾くことになったのはここフィルハーモニア福岡です.以前はいかに目立たず他の人の邪魔をしないように弾くかということだけに必死で,楽器がうたうことや,他の楽器とのアンサンブルを楽しむ余裕なんて,全くありませんでした.その私が,5弦コントラバスを弾くことによって重要な役割を持つことになったのです.技術的にはまだまだですが,自分の音がみんなの支えとなれるようにと願って弾いています.

オーケストラで演奏される曲は,同じ音符で何十年・何百年もの間いろいろな演奏者によって弾き継がれてきたものです.でもその演奏は,演奏者によっても指揮者によっても,また演奏会によっても全く異なります.演奏中は言葉を使わずにコミュニケーションをとります.「お,旋律はそう歌いたいのか.じゃぁ,こちらも合わせよう」「さぁ,次は○○のソロだ.小さな音で,でもしっかりとした低音で支えているから,どうぞ気持ちよくうたってね」などなど.だから演奏者のそれぞれのその日の想いで少しずつ変わってくるし,それはオーケストラのおもしろいところでもあると思います.

次のようなコミュニケーションは目でもとっています.「ちょっとテンポが早くなりすぎてない?」「次のフレーズは難しいから,みんなでタイミングを合わせようよ」.皆さんは「白目(しろめ)」のある生き物を思い浮かべることができますか? 実はどの動物も白目は瞼の中に隠れていて,黒目と白目の区別がはっきりとわかるのはヒトだけだそうです.それは言葉を使わずに相手に合図を送るため,気持ちを伝えるための進化だといわれています.おもしろいと思いませんか.意味をもつ言語を唯一操ることのできる人間だけが,言語を使わずにコミュニケーションをとるための白目をもっているなんて.でも人間も黒目だけだったら,コンサートマスターの合図も,ティンパニーとのタイミングも,指揮者の笑顔もよくわからなかったでしょうね.

さぁ,もうすぐ本番です.ステージの最後列から床をはって客席の皆さんのところまで,オーケストラのうたう全ての音を,そしてみんなの想いをのせて,あたたかいコントラバスの音をお届けできたらと思います.

(2010.2.14 Cb. H)

フィルハーモニア福岡に入団して早、7年目の春を迎えました。

幼い頃よりヴァイオリンに触れ、習い先のクラスの個人・グループレッスン、事あるごとの大会や、ソロコンサート、学生時代には小編成の室内楽に入り、数々の演奏会に出演して来ました。

福岡で暮らすようになり、また楽器と向き合いたいと思い、古典音楽を中心としたオーケストラを探しているうちに、『フィルハーモニア福岡』と出合いました。オーケストラと言う、大きな編成でヴァイオリンを弾くのは初めて。右も左も分からず、ただただ沢山の楽器が奏でる、“交響曲”と言う終着点のような中で楽器を弾ける醍醐味。耳がどんどん鍛えられ、素晴らしい指揮者を迎えて、沢山の仲間が出来、支えられ。

メンバーが同じ目標、音に向かって真剣に取り組む姿。それだけに厳しさもあり、凹むこともあります。そんな私も…ついには昨春までの二年間、微力ながらコンサートマスターを務めさせて頂きました。

どんな世界でもそうですが、挑戦するには勇気や周りの支えがないとなかなかに成就するものではありません。今はフィルハーモニアで培ってきたみんなの音が、少しずつ進歩して、何も言わなくても、こういう時はこんな音、と言うお約束事のような、でもとてもシンプルなものが随分と確立されて来ているように思います。

働き盛りで社会的責任も強くなり、子育て世代でもある、30〜40代中心の仲間達。まだまだ若いオーケストラ!!更なるフィルハーモニアの色を出しつつ、飛躍して行けるのが楽しみです。

(2010.2.7 Vn. R)